ドロップキャンディの雨

いろいろ書きます

24歳にアップデートする前に。。

 

どうも!ちょめぐです!ヒョイッ

 

更新するのがかれこれ100億年ぶりくらいな気もします!!!

 

あたらしいヴログ「ベッドルームから一歩」を立ち上げて更新していたのですが、この「ドロップキャンディの雨」にまた出戻ってくることとなりました。🙇‍♀️

「ベッドルームから一歩」のほうで書いていた記事をいくつかこちらに転載したのでこれもまた読んでくださるとうれしいです!

(購読してくれている方にはとんでもなく通知がいってしまっているかも、、ごめんなさい!)

 

記事の書き方は少し変わっておりますが、根本はなんら変わっておりませんのでどうぞこれからもよろしくおねがいいたします🙇‍♀️

 

 

 

さて、多少のムラはあるものの、私がヴログを書き始めて6年ほどが経ちました。当時私はまだ高校生!!JK!!思い返すと倒れそうになるくらいです。

 

あと数日で私は、24歳の誕生日をむかえます!ナンテコッターー!!!

ここまでフラフラしすぎていて怖くなるくらいです。

 

そして私、24歳になる寸前に、興味のあること、やりたかったことを仕事にすることに成功いたしました!!!

 

ここのヴログで書いた私の人生の道のりは、高校→演劇系の専門学校→ブライダル映像のお仕事、、までだった気がします。

演劇の裏方のお仕事を学ぶ専門学校に行ったけど、なんか仕事にするのはちがう…と思い、新しいブライダル映像というジャンルの道に進んだ、というのは前の記事でお話ししました!!

 

今回はその先どうなったかを少し!!!話そうかと思います。

 

ここ2年とすこしのあいだに、かなり精神的にやられていたのです(笑)少し重めになるかもしれませんが、すべてを話します!

 

 

 

ブライダルの映像系の会社に就職した私ですが、その「人の人生の一大イベントを背負う」というプレッシャーに、精神的にだいぶやられてしまいました。

私、「結婚式」という行事に対する思い入れが他に比べてどうやら強すぎたんですよね。ミスをしちゃいけない、失敗してはいけない、今思えば研修期間が終わり、現場で仕事を任せられるようになってから、ずっとそのことを考えて職場に行ってましたね。

お仕事は新しい挑戦ができたり、先輩や同期も優しくて良い方ばかりだったのですが、仕事内容に異様なほどプレッシャーを感じてしまったのです。。そして、労働的に賃金が見合わないのも1つの理由でした。皆の前では気丈に振る舞っていたけれど、体力的にも精神的にもかなりつらかったです。

 

そこで、セクゾの松島くんや、キンプリの岩橋くんと同じ、パニック障害と診断され、日々過呼吸や動悸、涙が出ることに苦しんでました。

そこで、病院の先生とも相談をしながら、休職を経て、転職することを決めました。それが昨年の2月。

自分ではまだやれる!やりたい!という気持ちはあったときも、朝になると身体がパニックに。動けませんでした。

 

転職先は、歯医者での歯科助手のお仕事を選びました。専門学校時代に、歯科助手のアルバイトをしていたことがあり、やりがいと楽しさがあったので、働き続ける自分を想像しやすかったんですよね!

歯科助手は余るほど求人があります。期間を特にあけず、すんなりと決まりました。今思えばここでしっかり休むべきだったなとは思います。

 

そこからはけっこう順調に過ごしていたのですが、ちょくちょくパニックを起こしていました。

だましだましにやっていたけれど、半年ほど経ったときに、デカイ波が。また、休んだ方が良いという診断を受け、休職することに。それが昨年の11月。

 

そのとき、専門学校のときに勤めていた歯医者と、新しく勤め始めた歯医者のギャップを見つめ直しました

ドクターの患者さんに対する対応や、助手さんの心配りの仕方など、悪い意味でギャップがあったんですよね。何人かの先生が勤めている歯医者さんだったのですが、一回、あまりに患者さんに対する対応がひどい年配ドクターがいて、ブチギレだなんてこともあり、、(笑)

 

見えない何かに圧を感じて、身体がこうして拒絶をおこしているのではないか、と。それでもやっぱり続けなければという想いはありました。雇っていただいた立場だし。

 

しかし、休ませてもらっている期間に投げかけられた、歯科助手の先輩のある一言が決め手となり、私はこの歯医者を去ることに決めました。

「私も鬱病だったことがある。でも乗り越えた。あなたももっとがんばらないとだめだ。」

とてもショックを受けたし、私が休職から戻ってもここはあったかい場所でもなんでもない、と思ってしまいました。その時に弱っていた私は、そう感じてしまったんですよね。(笑)

 

その一言を聞いて、なにくそ!と思ったのですが、しまいに声まで出なくなってしまって、(笑)1週間たたないあいだに戻ったのですが、やめて他でがんばることを決意しました!

 

さあとなったら動きたくてたまらなくなる性格なのですが、このときはそれが吉とは出ませんでした

パニック障害は、休むことが仕事だといまでは冷静にそう思えますが、その時の私は、「働かなくては」「稼がなくては」という想いがあまりに強すぎて空回りしている状態。

 

2月にブライダル会社をやめ、3月で歯科助手に転職し、11月に退職。そして12月から2月のあいだは、面接を受け、受かって勤め、すぐだめになる、というのを4回ほど繰り返しました。休む自分が許せなかったけど、結局だめになって自己嫌悪。何人の方に迷惑をかけたのでしょう、、

 

しびれをきらした両親が、一旦やすみなさい!!!と言ってくれて、3月は何もせずに、求人サイトも開かず、休むことに専念しました。

 

そこから、徐々に風向きが変わってきた感じです。4月には、今までとは違うとてもスッキリした感覚で、転職活動を始めることができました!!

細かく言うとその期間も精神的に安定しないときもありました。病院を変えたりとか、オーバードーズしてしまったりとか。そこはYouTubeのラジオで話しているのでニュアンスだけでも受け取ってくれたら。

 

 

転職活動は、自分と向き合いつづける日々でした!ゆっくり休んだからこそ、自分のやりたいことや挑戦したいことがわりとくっきりしていて、その中でも慎重に決めたい気持ちもあり履歴書もたくさん書きました!

 

そんな中、決まった職場は「歯医者」!!

またかよ〜と思いますよね、ええ、私も思います(笑)でも、今まで勤めていた2つの歯医者にはないところを選んだんです!

ひとつは、親知らずの抜歯を積極的にやっている専門医であるということ。

そしてもうひとつは、矯正もやっているということ!!!

今までの歯科は、一般歯科、小児歯科のみでした。口腔外科や矯正歯科はなかったのです。

 

このヴログにも書いていた通り、私は矯正に対して好意的な気持ちを持っていて、深く関わってみたい気持ちは前からありました。だから、決まったときは、心が躍る気持ちでした!!!

 

現在、新しい職場に勤めて1ヶ月。経験してきた職種でも、まだまだわからないことばかりあります。勉強勉強の日々です。でもとてもワクワクしてるんですよね!いままでの、不安とかプレッシャーとかはなく!!!ほんとうに、たのしいです!!!!!

 

 

 

つらいときがめちゃくちゃありました。こんなヘッポコ社会人になるなんて思ってなかった元気に働いている人たちと自分を比べて、何度死にたくなったことか、

まだまだ病気とは向き合う日々ですが、ゆっくり休んだのも効いて、向き合い方が変わりました。

 

そして、趣味がなかったらどうなっていたかわからないのと、周りの方の支えがなくして私は存在しえなかったなとあらためて。

金銭的にも精神的にも支えてくれた両親に、親孝行していくのはこれからです。まだ時間がかかりそう。。

 

 

 

2回目の転職を決め、だめになって、また探して、休んで、ようやく再スタートと胸を張ることができて……、かなり波があった23歳は、私にとって、とんでもなく苦しかったけれど、そのぶん好きなことの大切さに気づけたのと、そして本当の意味で自分と真摯に向き合えた歳でした。出口の見えないようなところでもがいてもがいて、やっと出口が見つかって再スタートです!

 

若い頃だからこそ、立ち止まって考えたり振り返ったりすることが許されるのかなとも思いますが、どういったかたちであれ、いまのお仕事につけて、好きなことや好きな人を好きと言える自分で良かったなと思います。両親や友人や彼氏、そして受け入れてくれた新しい職場の皆さん。本当に優しさのかたまりです。感謝を忘れたら終わり、これは中学卒業から胸に刻んでいることなのです

 

しかしいろいろ学んだとも思いますが、まだまだ子供すぎる部分が多いと感じます。24歳にアップデートはされるわけですから、少しは大人にならなきゃいけません。

我慢の仕方をいろいろ履き違えていたり、自分の動き方を信じきりすぎていたのが23歳でした。

周りの意見も聞き、多少の必要である我慢や忍耐は判断して踏ん張らなくてはと思います。

 

でも、心の奥底は変わってなくて、いつまでもヲタクだし、少年じみてるし、みなぎるパワーは止まりません

これからも、こんな私を相手してくれたら幸いでございます!!!

 

いつも、みんな、ありがとう

 

 

 

 

ここのヴログに戻ってきましたが、ジャニヲタのことだけでなく、お笑いや映画、その他今回みたいな自分のことも書くと思います!

もちろん変わらずジャニーズのことも書きます!

 

ジャニーズや、他のアイドルがきっかけで、このヴログにたどり着いてくれた方、ヲタクにもいろいろあると思います。

こんなふうに、人生ブラブラでも、周りに頼りながらなんとか踏ん張れているオトナもいるよっていうのを、今回は伝えたかったです!!!

 

 

来年、また一年を振り返りたいと思いますが、もっと明るい年であったと言ってみたいですな!!!

 

では!長くなりましたが今回はこの辺です。ピョイッ

新しい時代になっても伝え続けたい年下男子好きは死ぬ前に絶対見るべき尊き青春映画たち 〜ショタコンと呼ばないで〜

 

どうもー!ヒョイッ

 

令和になり、一発目のヴログです!

さて、今回のヴログはっ!!

少年がかわいい映画、少年の魅力が詰まっている映画、あの頃の青春が詰まった心がくるしくてたまらなくなるムービーを紹介していこうと思います!!

ほんとはゴールデンウィーク前に完成させたかった、、間に合わなかった、、、

 

最近の映画から昔の映画まで、幅広く語っていこうと思います。勝手に洋画に設定!

今回はあえて有名な映画や最近の映画を選びました。いろんなジャンルから引っ張ってきたつもりです。

 

良い映画ばかりです。しかし、年下好きはちょっと違った角度から見たりもするんだよってのを、なんとなく語りたい気分だったので書きます。(笑)

 

ではでは、いってみよっ

 

 

 

 

 

〜小中学生あたりの少年が好きな方向け〜

 

 

スタンドバイミー

見たことないなんて言わせない!少年達の一夏の冒険を描いた名作映画!

これはね〜〜もうね〜〜言わずと知れたハチャメチャな名作ですよね〜〜大人になってから見ると、また沁みる映画なんすよね〜〜

 

まず、主要となる4人の個性がちゃんと光っている。

f:id:shokupannokimochi:20190210155321j:image

左から、気弱、正義感、メガネ、デブ。

はい、ちゃんと揃ってますね。文句なし。最高です。

 

主人公ゴーディは兄を亡くしていて、そのことでコンプレックスを抱えているんだけど、親友であるクリスの彼に対する対応というか、彼に対する友達としての在り方がマジでイケメンすぎて少年にしてはいい男すぎる。

 

ゴーディが、過去を振り返って小説を書いているんですよね。「あの頃のような友達はもう二度とできない」みたいなこと書くんですよね。それがもう、名言オブ名言すぎますよね。

イヤァ〜〜!!マジでそれな!!!!

少年のこの時ってほんとにかけがえのない輝きの瞬間だと思うんす。この頃に出逢った、偽りのないというか、純な友情、しかも男の子の友情って、ほんとに硬くて思い出すと胸が熱くなると思うんですよ。まあ、私、男じゃないんですけど。そんな時代過ごしてないんすけど。(これだからショタコンと言われる)

 

もう何十年も前の映画だし、時代背景も昔な感じは漂っていますが、少年達の輝きはマジで色褪せなすぎてしんどいです。

f:id:shokupannokimochi:20190210154346j:image
この線路沿いに佇む彼らの後ろ姿、ヤバくないっすか??エモくないっすか??なんか最近、やたらエモいって言葉を聞くんですけれど、これが本当のエモいだと思うんですよ。

 

ちょっと年上の不良どもが出てくるところが最高。そこに敵意剥き出しなのも最高。ありがとう。

 

 

ーーーーーーーーーー

 

ワンダー 〜君は太陽

家族の愛、友情、そして障害とはなんなのか、、1人の少年に関わる人々を通して「特別」とはなんなのかを訴えかける、心温まる近年の名作!

 

以前ヴログにも書きましたが、これは本当に素敵な作品でした。

家族、兄弟、障害、友情、、さまざまな登場人物の悩みが、顔に障害をもつひとりの少年の周りで繰り広げられます。

そんでもってね〜〜本題ではないんだけどね〜〜この映画に出てくる男の子たちがねぇ〜〜もうねぇ〜〜かわいいんすわぁ〜〜!!!

 

主人公、オギーが本当に純で、普通の少年で、まっすぐで、かわいいんです!!!!オギーを演じたジェイコブくん。

f:id:shokupannokimochi:20190210230548j:image

特殊メイクで、思わずドキッとしてしまう顔になっています。でも彼の演技が本当にすごくて、目で、表情でとんでもなく魅せてくれます。心打たれます。いちばんかわいくてユーモアがあって屈折がなく愛おしいと思えるのが、登場人物の中でオギーなんですよね。

 

そして彼の周りには豊かな少年少女が集まっています。

f:id:shokupannokimochi:20190210230454j:image

悪ガキもいるし、マセガキもいるし、ええ子もいるし、ちょっと鼻に付くヤツもいる。とにかく教室の空気感はリアルです。小学生特有のちょっとしたことで、些細なことで傷ついたりしてしまう部分を彼らの関わりが痛々しくも綺麗に見せてくれています。

 

とにかく私は、のちに彼の親友となっていくジャックウィル推しなのですが。

f:id:shokupannokimochi:20190210231035p:image

え??かわいくない??てんし?????

マジでこの子がほんとに可愛いので、いや、ほんとにかわいいから。この子のためにでも見て。いや、マジで。

不器用さがマジでかわいい。ほんとにねーー素直になれないのよーーでもねーーもうねーーかわいいのよーー(語彙力の欠如)

 

この作品、題材が題材なのでこういう記事にあげるか少し悩んだのですが、こういうキッカケでも絶対見たら胸打たれる映画だし、ほんとに素晴らしい作品なので見てほしいです。

 

それから、長女である私は…

f:id:shokupannokimochi:20190214004855j:image

オギーの姉であるヴィアに共感したり、涙したりもしました。幼心ならではの、兄弟愛も感じられるかと。

 

 

ーーーーーーーーーー

 

It 〜それが見えたら終わり〜 (リメイク版の方)
カオス!ただただピエロがバケモノで恐怖!だけどそれだけじゃない!少年達が自分の孤独と恐怖と戦う青春スペクタクルムービー!ピエロなんてそっちのけ、見よ、立ち向かう少年達を!!

ホラー映画としてみると、想像してた以上にただのカオスな映画だったこの作品。

出てくるピエロ、ペニーワイズはとりあえずほんとただのバケモノです。想像以上にバケモノ。

ホラー映画というより、青春映画として見たらもう最高!!!

 

少年たちがめっちゃがんばってピエロに立ち向かいます。

主となるのがこの兄弟。

兄、ビル

f:id:shokupannokimochi:20190221151424j:image

弟、ジョージー

f:id:shokupannokimochi:20190221151434j:image

圧倒的美少年兄弟

このギャンカワイイ弟くんジョージーが、兄ビルの作った船を追いかけるゲームみたいなのしてたらピエロにやられちまいまして、謎の失踪みたいな扱いになりまして、でもビルはずっとジョージーのことを忘れられずにどこかで自分を責め続けています。なんていい兄貴。

 

ちょっとスタンドバイミー感がありますね。出てくる少年が多いです。ルーザーズクラブという、いわゆる負け犬クラブ。みんないじめられっ子で、なおかつなんらかの悩みを抱えています。推し選び放題パラダイスです。

f:id:shokupannokimochi:20190221151123j:image

 

そう、女の子もひとりいます。みんな明らかにこの女の子を意識してる感じがギャンカワ。

f:id:shokupannokimochi:20190221151851j:image

思春期特有のこの甘酸っぱい感じマジ最高。まあ、こればかりは映画を見てくれって感じではある。マジ最高。

 

この映画に登場するピエロは、少年たちの怖いものだったり弱みを見つけ、それにつけ込んで人を殺すバケモノなんですが、その怖いものを克服したときにピエロは少年たちを襲えなくなるんですよね。

ピエロに立ち向かうことで、仲間との絆だったり、個々の強さや秘めたる想いだったり、少年たちの成長を強く感じることができるのがおもしろいです。

 

ただ、少年たちはかわいいけど、ピエロはほんとバケモノなんで、とことん驚かせにくるんで、かわいい少年が見たいけどホラー映画が苦手な人は、誰かと見るべきです(笑)

ちなみに私はホラー映画苦手なんで、友人とワチャワチャしながら、ツッコミながら見ました。すごい盛り上がりました(笑)

 

ーーーーーーーーーー

 

〜中高校生あたりの大人になりかけの少年が好きな方向け〜

 

 

 

いまを生きる

厳しい名門校に通う個性豊かな生徒達と自由爛漫な教師の絆、そしてその中で生と死を綺麗に描く、少年達が直向きに生きる姿がたまらなく愛おしい。

 

これは本当に、名作。教師と生徒が「いま」という永遠のテーマに向き合う、煌めきが多すぎる作品です。

 

舞台は頭が良いと名高い全寮制の名門高校。クラスメイトたちは、堅い学校の規律、親からの厳しい目、期待の目、、さまざまなものに縛られながら学生生活を送っているが、友人同士でふざけたり、ちょっかいを出し合ったり、それなりに楽しむ術は知っていて。そういうとこはやっぱりどこいってもDKなんだなぁ〜〜尊ぇ〜〜

 

でも、やはり息苦しさをずっと感じているであろう彼ら。そんな彼らの授業を受け持つことになったのが、ジョン・キーティング

 

彼もまた、この学校で育った、この規律の元育った生徒であった。生徒たちは、教科書を使わない型破りなスタイルの授業をする彼に出逢い、自らを取り巻く運命に、悩み、葛藤していくのです。

f:id:shokupannokimochi:20190506003901j:image

 

キーティングの授業では、「詩」が軸として出てきます。「詩」を通して生きることの素晴らしさを説くキーティング。閉鎖された空間で規律に縛られた生徒たちに、外への大きな扉を開けるきっかけを与えてくれるキーティング。一見破天荒だが、心に寄り添うキーティングの言葉や行動に、最初は戸惑うばかりの生徒でしたが徐々に順応。生徒と教師としての絆を深くしてゆきます。

 

この物語は、みんな優等生だけど、その中でもできるやつとできないやつはいて、みんながしっかりその場で必死に一人一人もがいて生きている。キーティングに追いつこうとがんばる者や、自分の殻を破ろうとしている者、恋する相手に胸を弾ませている者、それでも教科書を捨てきれない者もいますもう一人一人が愛おしい……高校生という一瞬しかない大切で尊い今を、自覚せず自然と、懸命に生きているんですよ、彼ら……煌めきしか感じられんぞ。。愛おしい以外に何があろうか。。

 

そんな中、キーティング自身も、迷い葛藤しながら生徒たちと向き合うんですよね。ロビンウィリアムズのユーモアあるあたたかい演技には脱帽です。キーティングの授業は、大人になった私達にも響くものが多いと思います。

f:id:shokupannokimochi:20190506002248j:image

 

この物語には、少し衝撃とも言える展開があります。それは、ニールという、クラスの中でも人気者でみんなのリーダー的存在だった彼がとる決断。

ニール父vsニール(横顔綺麗)

f:id:shokupannokimochi:20190506004800j:image

なんだろう、私は驚いてしまった派だったのですが、ニールの気持ちを考えてみて見返すと、そうせざるを得なかった苦しみ、そうすることが最善になってしまっていた。悔しいけれど彼の下した決断は、彼なりに幸せな選択だったのかな、なんてふうにも思います。もちろんそうじゃないのはわかってるんですけどね。

 

この作品は、人生のバイブルになってもおかしくない作品だと思います。少し哲学的だけど、見たあと確実に世界が変わる。

絶対に「おぉ、キャプテン!我がキャプテン!」と高いところに立って叫びたくなる。よ。

 

 

ーーーーーーーーーー

 

シングストリート 〜未来への唄〜
思春期特有の心の痛さ、弱さ、儚さを綺麗に表現!青年になろうとする少年達が、悩み、恋し、懸命に今を歌う!歌声が胸に響いてたまらない!兄弟愛にも涙。。

 

青春すぎて、夢が詰まりすぎてて、胸が苦しくなります。家庭の事情で中学を転校することになった主人公コナーが、モデル系の先輩女子ラフィーナに一目惚れし、仲良くなる口述として、まだ結成してもいないバンドのMVをつくるからそれに出て!と誘う。そこからバンド仲間を増やしていき、ほんとにMVをつくっちゃう。曲作りまで始めちゃう。

f:id:shokupannokimochi:20190508015253j:image

 

痺れるゥ〜〜!!

なんだろうなぁ、この頃の恋するパワーって無敵というか、マジでやろうと思えばなんでもできちゃうよなっていう。行動力ハンパないよね。

 

バンドメンバーは一人一人可愛くてしょうがないっすけど、私のお気に入りは、このオレンジくるくるパーマの矯正ボーイ、ダーレンくん。(写真右)

f:id:shokupannokimochi:20190508021244j:image

コナーが一番はじめに仲良くなり、バンドメンバーを集めるとなったときに、一役買いまくりの彼です。メチャクチャかわいい。ハチャメチャにかわいい。

 

やっぱり、音楽×青春って無敵だと思うんだけど、想像以上に、無敵だぜって思わせてくれたのがこの映画。なんでこんなにも痺れさせてくれるんだろうか。

 

私は、この物語のキーパーソンは、兄貴であるブレンダンだと思ってます。コナーは、両親が仲が悪く離婚寸前、、でもお兄ちゃんお姉ちゃんに支えられている。特にお兄ちゃんであるブレンダンの存在は大きく、音楽に興味を持ち、のめり込み始めたのも、お兄ちゃんの影響がデカイ。

f:id:shokupannokimochi:20190508020248j:image

もう、このブレンダンが、心底いい兄貴すぎて本当に好き。また、コナーから見る優しい兄としてのブレンダンと、実際に悩み考えている気持ちを我慢しているブレンダンとの間にギャップがあって。両親のこともあり、大学を中退し、一見負け組に見える彼だけど、とても家族に対して愛情が深く、音楽にも気持ちが強く、自分の夢を弟に託しているようにも感じる

あるきっかけでブレンダンが感情を爆発させるシーンがあるのですが、もうこれがとてつもなく苦しい。(私も姉で、弟と妹がいるのでちょっといやかなり共感してしまった)

いくら感情に素直になってそれが本人としては情けないことでも、弟との会話や教えてきたことは何一つ変わらなくて、弟からしたらいつまで経っても兄貴って憧れの存在だよなぁ、と思わせてくれる兄弟っていいよなぁ。。ちなみに私の弟は、コナーに自分を重ねていたみたい。

 

また、この映画の良さとして、劇中歌がマジで素晴らしい。MVつくるシーン、楽曲つくるシーン、文化祭のシーン、、まあとにかく全部が良い。

Sing Street - Brown Shoes - YouTube

いやぁ、映画全編通して見たほうがいいし、この曲だけ見せてもな感はあるけど、メチャクチャ好きなので載せときます(笑)

 

ちなみにこの映画、ラストが賛否両論分かれているみたいなのですが、私はこの終わり方、かなり、いやだいぶ好きですね。

 

 

ーーーーーーーーーー

 

スパイダーマン ホームカミング

青春真っ只中のヒーローはどう生きる?想いを寄せる相手の父親が、、さぁどう立ち向かう?ダメンズお茶目なヒーローが繰り広げるアクション青春ムービー!

 

今、絶賛公開中の「アベンジャーズ エンドゲーム」。そして6月末に公開を控えている、「スパイダーマン ファーフロムホーム」。この2作品を観る予定はなくても観てほしい映画がこれです。

 

マジで、トムホランドが、イイ。

f:id:shokupannokimochi:20190508023005j:image

わたくし、MCU作品は全部見てきているのですが、MCUが好きで、MCU以外のマーベルヒーロー作品は見てきていなかったのです。だからスパイダーマンを見るのはこの作品が初めてだったんです。で、ほんとに、トムホが素晴らしすぎて、過去のスパイダーマン作品が怖くて見られません。。トムホくんが私の中のスパイダーマンとして立派に確立されてしまいました。助けてください。

 

えぇーーもう、ほんとに、かわいい。こんなにも高校生の良さ詰め込んじゃっていいの?!ってくらいにかわいすぎて吐きそうになる。

お喋りでおっちょこちょい、素直な性格、いじられキャラ、ヒーローになりたいけど周りからなかなか認めてもらえない、でもがんばりたい、、はぁ〜〜?!?!どこを取ってもかわいいんだけど、、はぁ〜〜?!?!(もはやキレる)

 

とにかくトムホ演じるピーターパーカーが、思春期特有の、あの、その、愛しさと切なさと心強さとその他諸々を兼ね備えすぎています

 

そんでもってヒロインは先輩。でた〜〜このパターン〜〜

f:id:shokupannokimochi:20190508023359j:image

ザ・先輩すぎません????こんなの好きになる先輩の典型じゃありません?????身長差が良い、、あぁ、、良い、、、、。

 

こんなのに、ヒーロー要素足しちゃったらもうね、もうお手上げですよね、負け負け。かわいいかっこいいに決まってる。

f:id:shokupannokimochi:20190508023806j:image

変身してもちゃんと高校生!!!!

パーカーにヘッドホンて、こんなことあります〜〜??、、ありました〜〜(T ^ T)

 

とにかく見てほしいです。ヒーロー映画が苦手って人も、入門として入りやすい作品なのではないかな、と。思います。

 

ほかのスパイダーマン作品ももちろん良作と聞いております。ほかのと比べるとトムホスパイダーマンは、無邪気で明るく可愛らしさがあるみたいですね。一番原作に近いとか。過去作品でスパイダーマンというヒーロー像が確立してる人もいらっしゃいますでしょうし、好みは分かれそうですが、そりゃあこりゃあ私が好きなやつですわね。

 

真っ直ぐすぎて、愛おしい、トムホくんがつくりあげた新しいスパイダーマンに注目あれ、です。

 

 

ーーーーーーーーーー

 

 

さて!今回は以上、6作品を紹介してみました!!いかがでしたでしょう??

 

過去イチのボリュームになってしまったと思われます。こんなに長くなるとは思いませんでした!!!至らない文章力、すみません!!!あと書いていて気づいたのですが、兄弟系、多かったです。

今回は6作品選んで紹介しましたが、他にもオススメしたい映画があるのでもしかしたら第2回を勝手に開催するかもです。

 

そんでもってまたこうしたテーマを決めて、いろんなジャンルの映画を一気に紹介してみたいですね!たのしいです!!

 

もし興味のある作品や、気になった作品がありましたら、見てみてください!!

 

では、今回はこのへんで〜〜。ピョイッ

 

とある漫才師にハマりました(スタンダップコーギーさん)

 

どうも!ヒョイッ

 

まずひとつ、ご報告。
YouTubeのほうで、趣味程度ですが、ラジオを上げることになりました〜。
ラジオはもともと聴くのが好きで、自分も喋りてぇ〜〜ってなって初めてみた感じです。想像以上にグデングデンしております。
【趣旨説明】はじめまして!オリバーヘッドのリアルコンディションレイディオです! - YouTube


更新頻度は特に決めていませんし、これで食ってこう!とも思ってないので、低クオリティでお送りしておりますが、興味本位でも覗いていただけたら嬉しい限り!です!

 

オリバーヘッドという名前でやっとります!

 

 

 

で、ですね、わたくし、もう何年ぶりになりましょうが、、ネタを見て「最強におもしろい!もう!ずっと応援していたい!」とビビビッときたお笑い芸人さんに出逢ってしまいました

 

その芸人さんを今回は紹介しようと思います!!

その名もスタンダップコーギー!!!

 

私が大好きなYouTuberさんプリッとチャンネルに出ている、しょうちゃんというメンバーのお笑いコンビコスモスライダーが出ているライブ(ややこしや〜)に行った際に、出逢ってしまったんです!!!

 

いろんなコンビがネタを一本披露するライブ、どの芸人さんも面白かったのです!が!が!!

スタンダップコーギーというコンビがハチャメチャドチャクソおもしろくて!!!!私のハートを射抜きました!!!!ほんっっとにずっと笑わせてもらってたんです!!

f:id:shokupannokimochi:20190304205153j:image

左がツッコミ(?)の奥村うどんさん

右がボケ(?)の三森だいすけさん

 

何故、ツッコミとボケのあとに(?)を記入したかというと(笑)

彼らの漫才、もうどっちがツッコミでどっちがボケなのかわからない!!そして、どこまでが台本でどこからがアドリブなのかもわからない!!!勢いと迫力がすごくて、もう〜〜笑いが止まらなくてしょうがない!!!ずっとお腹が痛かった!!!!

 

その日にライブで私が初めて見たのが「泥だんご」というタイトルのネタでした。それがなんと、YouTubeに上がっていたので見たのです!!!

それがこちらなのです!!が!!

スタンダップコーギー『泥団子』 - YouTube

 

えええ?!?!今日見たやつと全然ちがう!!!!!(笑)ってなりました(笑)

そう、同じタイトルなのに、同じネタなはずなのに、全然ちがう……まさに「その時」にしかできない、「その瞬間」にしか見られない漫才をするコンビ……それがスタンダップコーギー!!!なんだと悟りました。。

 

その日のうちにもうYouTubeに上がってるネタ、見漁りまくりました!

それで私が感じたスタンダップコーギーさんの魅力をつらつらと書こうと思います!

 

まず、ツッコミの奥村さんが、それはもう〜〜予測不能の発言と動きをするんです!!ほんとに挙動不審で笑っちゃうんです(笑)まぁ〜〜すごい!!読めない!!「そこ噛む?!」「大丈夫?!」「なにその動き!!」そういった言動の数々が、スタンダップコーギーのその時にしかできない漫才を作り上げているんですね!最高!!

そして、それに対するボケの三森さんの絶妙な言葉でのフォローが最高!!!瞬発力抜群で、そうくるかぁ〜と思わせてくれるスカッとする言葉選びをしてくるんです!!!冷静に笑いながら、でも、楽しそう〜〜に、ニヤニヤしてるのにこっちも思わずニヤニヤしちゃいます(笑)!

なによりも2人の雰囲気が最高なんですよね!漫才を楽しんでやってるのがすごくすごく伝わってくるんです!!漫才って、まあ当たり前なんですが、そのコンビにしか作れない雰囲気があると思うんですが、スタンダップコーギーさんは、ほんとに、スタンダップコーギー色っていうんですかね??これでもかってくらい出てる!!!強い!!!!!

そしてスタンダップコーギーさんの漫才は大体どれも、7〜8分あるんです(笑)長いのだと10分くらい!(笑)長え!!!でも、その長さを感じさせない!!むしろ、もっと喋っててーって思わせてくれる、、不思議ですよね〜(笑)

 

見ていて面白いのはもちろん、楽しいんです!!!動画見ていて画面越しでも伝わってきますが、生で見ると余計に伝わってくるんです!!はぁーーもうーーすきーーー!!!!!(爆発)

 

ということで!私のオススメネタをいくつか!見てくださ〜い!!!

 

アンパンマン

スタンダップコーギー『アンパンマン』 - YouTube

 

言いたいこと

スタンダップコーギー『言いたいこと』 - YouTube

 

遊戯王カード

スタンダップコーギー 『遊戯王カード』 - YouTube

 

スタンダップコーギーさんは、マセキ芸能社に所属しています!!「マセキユース」という部類に属しているみたいです!今度、事務所ライブ見にいってきます!!!!楽しみファーー!!!

ちなみに、「速いビーム」という自主ライブも月1で行っています!!!それはこないだ見に行ったのですが、めちゃくちゃおもしろかったーー!!!またいきたーーい!!!!!

 

と、こんな具合で、ひさしぶりに若手芸人さんにハマっております。

出待ちで、おふたりとお話させてもらったのですが、奥村さんも三森さんも優しくておもしろくて本当に良い方!!!!これからも応援していこうと心に決めました!!!!!

 

 

ではでは、久しぶりのステマ記事でした〜〜みなさんもお笑いライブ、行ってみてはどうでしょうか?!

最近見た映画の感想をドバッと放出します。2018年パート4

 

おそばせながら、、あけましておめでとうございます!ちょめぐです!

 

年明け一発目の記事ですが、一つ前の記事、映画の感想のつづきです〜〜ネタバレやや注意!!!

 

 

 

search

f:id:shokupannokimochi:20181210170954j:image

ホラー系とかミステリー系は怖いんで見たくなかったんですが、そういうわけでもなさそうで、Yahoo!のレビューがやたら良かったんで見に行ったこの作品。

メチャクチャおもしろかった!!!!!

まず、映像の見せ方がスゴイ。全篇PC画面上で繰り広げられるのですが、それがワクワクさを増してくれる感じでおもしろい。だからこれは、映画館で見るべき作品かもしれないですね。あんなドデカイスクリーンでPC画面を2時間も見続けることないですからね。レンタルよりもっぱら劇場のがいいなと思いました。

ストーリーは全く読めませんでした。私が、こいつ怪しくね?とか思ってたやつはことごとくミスリード!!くやしい!!!(笑)

でも、終盤にかけて伏線回収をどんどか畳み掛けてくるとこがもうゾワゾワして最高でした。余韻がすごく残った映画です。

 

 

 

ヴェノム

f:id:shokupannokimochi:20181210170942j:image

なんだか賛否がかなり分かれている映画のようですが。私はめちゃくちゃおもしろかったです!!!

ただ、全然、最も残酷な悪じゃないです(笑)それだけは言っておきたいです(笑)ヴェノムちゃんかわいいです(笑)

最近のハルクが好きな人とかは楽しめるんじゃないかなぁ。SFものとかヒーローものっていうか、わりとコメディだと思って見てる自分がいました(笑)終始笑っちゃいました(笑)

ツッコミどころは満載なので、DC映画でありがちなダークな暗いのをイメージして見るとちょっと期待外れなのかなって感じです。ただ、映像はメチャクチャ怖い!!!寄生するところ、メチャクチャ怖い!!!!!うん、怖いところは怖い(笑)

続編もあるんだろうなぁと思うと非常に楽しみでございます!!!

 

 

 

ボヘミアンラプソディ

f:id:shokupannokimochi:20181210171015j:image

とんでもない伝説を目撃してしまいました。本当に本当に素晴らしい映画でした。4回見て、4回とも震えて、4回とも号泣しました。そして4回とも、もっかい見てぇ…ってなりました。

クイーンというバンド、バンド名と有名な曲とボーカルのフレディマーキュリーという名前を聞いたことあるなくらいだった私です。が、もう、この映画でクイーンにドチャドチャに惚れました。

これはノンフィクションではなくて、ドキュメンタリーでもなくて、ドラマです。実際にあったことをちょっと脚色していい感じに仕上げてます。でも、実在したフレディが感じていた葛藤や苦悩は本物だし、彼が作り上げてきた音楽も本物だし、家族(メンバーや恋人)との絆も本物です。とてもとても苦しくて、でも美しい物語でした。

この映画に出ていた役者さんたち、素晴らしすぎました。特に、フレディを演じたラミ……とんでもないプレッシャーを抱えて望んだだろうに、フレディとして確かにそこに生きていました。語彙力がなくて申し訳ないけど、スゴイの一言。

本当にこの映画については、書きたいことだらけです。個人的にベーシストのジョンディーコンが素敵すぎて、ひとりで勝手にワーワー言ってます。

 

 

 

ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生

f:id:shokupannokimochi:20181219022655j:image

ファンタビシリーズの続編です。待ってたよーー!!

前作に比べて、メチャクチャ暗い!!ダーク!!!まぁね〜グリンデルバルト中心だからね〜そうなるよね〜でももちろんおもしろかったです!ハリポタ好きは、そりゃ楽しめるのではなかろうか。ちょいちょいハリポタネタが盛り込まれてましたね。

さて、箇条書きで思ったことをずらずらと書きやす。

・クリーデンス、この先救いようある?大丈夫??

・クイニー、おま、そっちいく必要あった??はよもどってこいや

・気になりすぎるナギニの今後

ダンブルドアの授業受けたい

・ニュートかわいい

・ニコラスフラメルーー!!!!

・グリフィンドールの生徒ってわりといじめるよね

今回私的に大きかったのは、リタレストレンジの存在。婚約者であるニュート兄に愛してると言ってるように見せかけ、あれはニュートに言ってたんだろうなぁ。はぁ、切ない。ちなみにリタとベラトリックスに血縁関係はないそうで、ホッとしています。(何が)

次作が楽しみですね!もっと暗くなってそうだけど!!

 

 

 

さてと、こんな感じです。2018年に見た映画、とても良いものが多かったです。ランキングは、時間あるときにあげます。。とても悩ましいので、時間あるときに。。

 

そして2019年一発目は、キムタクの、マスカレードホテルを見てきました。映画の感想は、またまとめて記事に書こうと思うのでひとまず置いておきます(笑)

 

では、今回はここまででーす!今年もよろしくおねがいします!!

 

ピョイッ

最近見た映画の感想をドバッと放出します!2018年パート3

 

どうも!ヒョイッ

 

最近というか、、もうメチャクチャ溜まってます、、、夏から溜まってるんです、、、

映画の感想がっっ!!!!!

今年内、早くても1月にはランキングを出したいので、書きます!!今更なのもたくさんありますが、まとめて一気にスタイルということでお許しを……。(笑)あとなかなかの走り書きです(笑)

 

しれっとネタバレしちゃってたらすみません、、批評ではなくただの感想だと思っていただけたら!!

 

 

インクレディブルファミリー

f:id:shokupannokimochi:20181101011954j:image

ミスターインクレディブルの待ちに待った続編!!さすがピクサー、期待を裏切らない面白さでしたーー!!!ちょっと怖かったでしたーーー!!!!

やはり個人的にフロゾンが超好き。。かっこよくない??氷でシャーッシャーッて、かっこよくない????今回も登場してくるシーンが最高でした。

今回の物語…。母は強し、とはこのこと。でも、父も強し、でした。イラスティガールはかっこいいわな〜〜。そしてジャックジャックが無敵すぎてこれからどうなっていくのやら!!

なんか他にもたくさんいろんな能力の人が出てきましたね。ヒーローもの好きにとってはたまらんですわね。黒幕が今回はちょっと読めなかったな〜〜くやしい!ピクサーって、最初いいやつだと思ってたやつが実は敵みたいなこと多いから。。まあ実際そうだったんですけれども(笑)ちょっといい意味で裏切られました!!

 

 

青夏
f:id:shokupannokimochi:20181101011801j:image

佐野くんがかっこよくて、葵わかなちゃんがかわいくて、主題歌が良かった映画。。。以上。(笑)

うーーん、なんだろうなぁ、、なんか、え?なにこの音楽?とか、なにこのカメラワーク?みたいなのが多くて、展開もワーッて感じで少しフラフラしながら見ておりました(笑)もう少しなんとかなった気がしなくもないです。とても不完全燃焼です。

最後の都内を走るシーンのBGMには異議申し立てたいし、類ポジにももう少し華持たせてあげてほしかった〜〜ただの合コン行って出逢っただけのやつだよ〜〜そりゃ好きにはならんだろうよ〜〜(笑)

でも本当に、葵わかなちゃんってかわいいわね。

 

 

検察側の罪人
f:id:shokupannokimochi:20181101011948j:image

私の大好きな、キムタクの、キムタクによる、キムタクのための映画!!!なにこれ!!!!正義振りかざしまくってる!!!!!!

ただ、役者陣の演技が素晴らしすぎたのに対して、内容がおっついてなかった印象……前編後編に分けて、それぞれの人物の正義についてもう少し見てる側がわかる描写がほしかったです。。内容が内容なだけに、2時間でまとめるにはなかなか難しかったのかなと。

とは言いつつ、ニノの尋問のシーンは圧巻。鳥肌立ちまくりでした。アドリブも入っていたと聞いて、マジかよ…スゲェ…役者二宮和也スゲェ…ってなりました。あのシーンは本当に、エグイです。

そしてキムタクの、今まで見たことのない正義。新しい正義。肯定はしたくないんだけど、否定もできない。そんな正義。。新しいアプローチの仕方でとても興味深かった。余韻がとても強い映画でした。

松重さん、大倉さんはいい味を出すなぁ。好きです。

 

 

アントマン&ワスプ

f:id:shokupannokimochi:20181101012142j:image

MCUの中でも大好きなアントマン今回は吹替で見ました。おもしろかったよーー!!

ただ!ただね!!エンドロールの後の映像に全部持ってかれちゃったよ〜〜もう内容がね〜〜おもしろかったってことくらいしかね〜〜覚えてないんだよ〜〜(涙)

この作品、やっぱりアベンジャーズ4へ向けての一旦箸休めな映画なのかしら。。と思ってしまいました。

でもいろんなワードが飛び込んできたし、主人公、どうなるのか、どうアベンジャーズに関わってくるのか。粒子の世界、時間軸というのがかなりのキーワードな気がするけど、、

うううう!!!やっぱり待ちきれないっす!!!!アベンジャーズの続編が!!!!!!

 

 

3D彼女リアルガール
f:id:shokupannokimochi:20181101012146j:image

めちゃくちゃおもしろかったです〜〜おなじ主演の佐野くんの映画、青夏とはだいぶ違って……(察して)

とにかくまず中条あやみちゃんが美しすぎてこの世の同じ人類とは思えなかった。顔が小さすぎて、目が錯覚を引き起こす。

ストーリーはテンポが良くて、キャラクターも立ってて可愛らしい子が多くて、青春いいなぁって思いました!!!

それにしても佐野くん、あんたスゲェよ。。葵わかなちゃんと中条あやみちゃんを相手に。。いいなぁ。。

 

 

コーヒーが冷めないうちに

f:id:shokupannokimochi:20181219021155j:image
4回泣けます。と書いてありました。4回泣きました。いや、たぶん4回よりもう少し泣きました。
ドラマ アンナチュラルな脚本家の方が携わってると耳にして見たくなった映画。オムニバスみたいな感じで、何人かの物語が描かれています。いろいろと考えさせられましたねぇ。。
今は変わらないけれど、過去に戻るというのは……どうなんでしょう。不思議ですよね。こういうタイムトラベルものって、どうしても夢があるので自分だったらどうするかなぁなんて考えちゃいます
そして私はこの映画で、伊藤健太郎くんのファンになりました。ありがとうございます。

 



覚悟はいいか そこの女子。

f:id:shokupannokimochi:20181219021106j:image
中川大志が無限大すぎて、もう現実から目を背けたくなる映画。ヘタレな大志。がんばる大志。ちょっと調子乗ったりもする大志。好き!!!!!!
大志を取り巻く3人の男子との、イツメン4人組ウェーイみたいなDKのノリも綺麗に作り上げていて、私は頭を抱えました。かわいいかよ。
ヒロインの唐田えりかちゃんもとてもかわいかったです。そして、先生の小池徹平もかわいかったです。そして中川大志が最高でした。何回でも言う、最高。
とりあえず、中川大志くん好きな人は見るべき映画です。しかしラストシーンでは、一緒に見ていた同じく大志ファンの有岡ちゃんと呼吸ができなくなるという大惨事に見舞われました。要注意です。大志を舐めてかからないほうがいいね。いやーーマジで苦しかった。大志という名の殺人事件が起きるところでした。(なに言ってんだ)
そして私はこの映画で、伊藤健太郎くんのファンになりました。(2回目)

 

 

 

さて、ここまで7本出しましたが、まだまだあります。

つづきは、パート4で!次のほうが少し感想濃いめだと思います〜〜。ピョイッ